ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政【2/23・担当課長会議】介護職員の養成研修2012年2月24日17時24分

 厚生労働省は2月23日、都道府県や政令指定都市などの担当者を集め、「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」を開催、介護報酬改定や介護保険行政運営における留意点などについて説明を行った。

▽「介護職員初任者研修」13年4月より施行
  ホームヘルパー研修は、現行の研修課程を簡素化し「介護職員初任者研修」(仮称)に見直される。同研修は2013年4月より施行し、現行のホームヘルパー研修課程は13年3月に廃止される。新しい研修課程の詳細なカリキュラム等については、3月末までに示される。なお、新研修の施行以前のホームヘルパー研修修了者については、新課程移行後も訪問介護に従事できる。また13年3月末時点でホームヘルパー研修受講中で、未修了の者については、修了まで受講できる経過措置も設ける。

▽ヘルパー上級資格受講ニーズへの対応
  今回の報酬改定で訪問介護では、2級ヘルパーのサービス提供責任者を配置する事業所への減算が設けられ、13年3月末までに介護福祉士の資格取得やヘルパー1級、介護職員基礎研修を終了することが確実に見込まれる場合は、減算を適用しない経過措置も設けられた。これに伴い、それら研修の受講ニーズが高まることが見込まれるため、受講機会の十分な確保を努めるよう呼びかけた。

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール