ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケア用品シンエンス 安心安全な電動車いすレンタルサービス2015年3月 4日08時00分

運転指導やデモレンタルなどで手厚くサポート

0211sin.jpg 電動車いすのレンタル卸、販売事業を手掛けるシンエンス(大阪府富田林市、前田誠司社長)は電動車いすを利用者へ貸し出す前に、安全運転指導、デモレンタルなど手厚いサービスを行い、安心・安全な電動車いすレンタルを提供している。

 利用者から問合せが寄せられると、自宅へスタッフが訪問し、身体状況や使用環境など入念なアセスメントを行う。取り扱う電動車いすは20種類以上。メーカーを限定せず、多様な機種を幅広く取りそろえるため、利用者にあった最適な機種を選定、提案できる。

 その後、想定している行動範囲や目的地を聞き取り、電動車いすで安全に走行できる経路を探す。実際のルートに沿って試験走行を実施し、同行スタッフが危険を伴う場所での操作方法の確認やアドバイスも行ってくれる。実際の使用環境で試してみて初めて、横断しなければならない坂道があったり、エレベーターの出入りが難しいといった問題やリスクに気付くことも珍しくないのだという。

 試乗後、さらに1週間のデモレンタルもできるので、利用者は実際に試用しながらじっくりと利用の検討ができる。また同社では製品の品質を高いレベルで維持するため、自動車整備士免許保有者などの専門整備スタッフを配置している。サスペンションや電気制御部品など複雑な構造を持つ製品でも、しっかりとメンテナンスを行うことができる。

 利用中の事故など万一に備え、同社のレンタルサービスでは損害保険、賠償責任保険、車両保険の総合保障保険が付く。契約前のデモレンタル時から適用されるので、より安心して利用できる。同社の前田社長は「電動車いすを使って活動範囲が広がることで、自然と意欲が湧いてくる高齢者の方は多いです。また活動量も増えるので、心身機能の向上にも役立ちます」と電動車いす導入のメリットを説明する。

 「電動車いすでは、できる限りリスクを抑え、安全に使ってもらうことがなにより重要です。整備の行き届いた製品の提供とともに細かなサポート体制で、これからも安心安全に利用してもらえるサービスを提供していきたい」と強調した。

 問合せは同社(☎0721・20・0117)まで。

0211sin2.jpg

自動車整備士免許保有者などの専門スタッフがメンテナンスを行う

「ケア用品」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール