ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケア用品プロト・ワン フリース地仕様の介助ベルト 柔らかなタッチで負担軽減2011年11月10日20時22分

 取手がついたベルトを利用者や介助者の腰に巻き、立ち上がりや移乗、歩行介助時にお互いの負担を軽減する介助用ベルト。来年4月より福祉用具の貸与品目として追加され、利用者は1割の料金負担でレンタルができるようになる見込みだ。 
 プロト・ワン(東京都文京区、築山由起子社長)では、介助用ベルトを複数取り揃えて販売している。中でも注目を集めるのが「フリース介助ベルト」。
 ベルトの内側とフチに使用したフリース地が最大の特長で、従来品よりも利用者への当たりが柔らかく、介助時の負荷を軽減できる。生地が起毛されているので、滑りにくく、また大きなバックルでしっかりと留めるため、安定性、安全面にも優れている。
 掴みやすい取手が四方についており、状況に応じた使い方ができ、とっさの事態にも対応しやすい。また洗濯可能なので、清潔を保って使い続けることができる。サイズはS、M、Lの3種類。販売価格は1万5750円(税込)。
 同製品は第38回国際福祉機器展(HCR2011)の同社ブースで展示された。
 問い合わせは同社(☎03・3816・3399)まで。

  • フリース介助ベルト.JPG
  • フリース介助ベルト
 

「ケア用品」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール