ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケア用品補聴器の適正な選定と普及めざす2011年8月 4日22時12分

 テクノエイド協会は難聴者が安心して補聴器を選定するために「認定補聴器技能者」および「認定補聴器専門店」の認定制度を実施している。

 認定補聴器技能者の役割は、聴力を把握するための質問、機種選定、装用効果の確認、装用後の使用指導など一人ひとりが正常な聴力を維持できるようにすること。

 資格取得には同協会の養成課程を受講後、試験に合格する必要がある。認定後も継続研修が課せられ、5年毎に認定更新審査が実施される。2011年4月時点で認定者の有効登録数は1780人おり、補聴器販売店等に勤務している。

 一方、認定補聴器専門店は①認定補聴器技能者の常勤②補聴器の調整、装用効果測定、修理等のための設備・器具等の整備③日本耳鼻咽喉科学会が認定する補聴器相談医との連携――などの運営基準を満たす必要がある。11年4月時点での認定専門店数は574店。

 同協会ホームページでは全国の認定補聴器専門店の情報を公開している。

「ケア用品」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール