ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケア用品JASPA リフトフェア2011開催2011年9月27日16時00分

 日本福祉用具・生活支援用具協会(JASPA、木村憲司会長)のリフト関連企業連絡会(今村信隆会長)は8月5,6日、リフトなどの移乗機器の普及を目的とした展示会「リフト・フェア2011」を東京で開催した。
 9回目となる今年はリフトリーダー養成研修会およびリフトインストラクター認定試験を同時に開催。34人が受講した。
 同研修会は介護従事者の腰痛予防を目的とした福祉機器の導入に際し、運用や指導を行うための専門性を習得するもの。施設の介護主任や福祉用具関連事業者などが受講対象となる。
 研修は2日間で計12時間。実技研修ではベッドから車いす、車いすからポータブルトイレなどの移乗環境を複数設定し受講者同士で介助の練習を行った。
 リフトインストラクター認定試験は各日研修終了後に実施。1日目は筆記、2日目は実技試験を行った。合格者は「リフトインストラクター」の認定を受ける。
 参加企業はアビリティーズ・ケアネット、ウェル・ネット研究所、オオタ商会、新光産業、竹虎ヒューマンケア、パシフィックサプライ、パラマウントベッド、ビッグ・バン、ミクニ、明電興産、モリトーの11社。

  • liftfare_web.jpg
  • 各メーカーの機器を用いた移乗介助の研修

「ケア用品」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール