ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケア用品「ヒューマンケアベッド低床型」 フランスベッド2012年3月14日11時03分

frab_12_02.jpg ヒューマンケアベッド低床型には、背上げ時に座位を安定させるサイドアップ機能をもつタイプがある。ベッド上部の左右両側が持ち上がる機能で、片方ずつを持ち上げることもできる。座位保持が困難な片マヒの人はマヒ側に傾きやすいため、サイドアップ機能が役立つ。     

 介護軽減背上げらくベッドは、背上げ時にマット上部が上に伸びる機能があり、これによって、ずれ落ちや腹部圧迫の防止の働きがある。背上げ時に背を起こして腹部圧迫の取り除く「背抜き」という介護動作が要らない。自分で身体を動かせない人や介護度の高い人に最適。

 介護ベッドは介護のしやすさを優先するため幅の狭い85cm幅が多い。同社の介護ベッドには一般のベッドのシングルサイズ(97cm幅)と同様のサイズが用意されている。日頃のベッドに比べて狭くなると、精神的に負担に感じる人も多く、そうした場合にもよい。

 介護ベッドに使える薄型のスプリングマットはへたりが少なく、通気性や寝返りがよくなる。

 安全性を高めるためにJIS規格認証を取得する。以下の5つの安全対策がある。①挟み込まないサイドレールのすきま(JIS要件)②ヘッドボード・フットボードと柵の間のすきまの安全(JIS要件)③荷重試験やロック性能の確かなベッド用グリップ(JIS要件)④停電時に水平にできる緊急対応スイッチ⑤シックハウス症候群対策。

<シルバー産業新聞 2012年2月10日号>

「ケア用品」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール