ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャー日本介護支援専門員協会 鷲見よしみ会長を再選2015年7月17日08時05分

0704sumi.JPG 日本介護支援専門員協会は6月21日、都内で開催した第7回社員総会で会長候補者理事選挙を実施し、現職の鷲見(すみ)よしみ氏を再選した。任期は2年間。

 会長選の立候補者は同氏と大阪介護支援専門員協会会長の田和則氏。前回の会長選で抽選にもつれ込む大接戦を演じた両者の一騎打ちとなった。投票前の演説では、喫緊の課題としてケアマネジメントの質の向上を挙げた鷲見氏に対し、田氏はケアマネジャーの国家資格化などを公約に掲げ、投票人である代議員にそれぞれの主張を強く訴えた。結果は有効投票数77票のうち、鷲見氏40票、田氏37票。鷲見氏が僅差で競り勝った。就任の挨拶で同氏は、「ケアマネが一丸となり、大きなうねりを作っていきたい」と抱負を語った。

 また全国選出理事選挙も同日に実施され、11人の立候補者から10人が選出された。日本慢性期医療協会会長の武久洋三氏もケアマネの団結の必要性を訴え、立候補したが1票差で敗れた。

 新執行部は以下の通り(五十音順、敬称略)

〈会長〉鷲見よしみ(所属支部=山梨県)

〈副会長〉柴口里則(福岡県)、中林弘明(兵庫県)、原田重樹(三重県)

〈理事〉雨師みよ子(大阪府)、石山麗子(東京都)、笠松信幸(北海道)、吉良厚子(京都府)、助川未枝保(千葉県)、能本守康(茨城県)、堀部徹(岡山県)

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール