ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャー「かながわケアマネ隊」を派遣 神奈川県介護支援専門員協会2011年7月 3日10時34分

 神奈川県介護支援専門員協会は、東日本大震災で阿部氏.JPGのサムネール画像の被災地に対し、人的な支援を行う「かながわケアマネ隊」を結成、4月15日からケアマネジャーの派遣を行ってきた。特徴的なのは、支援を一過性のものにしないために考え出した「数珠つなぎ支援」という方法。一つの地域に集中的かつ継続的に支援することで「顔の見える関係」が生まれ、ケアマネジャーの専門性も発揮できるという。同協会理事長の阿部充宏氏に話を聞いた。

 

わずか1週間で80人の応募

 震災発生直後から、神奈川県介護支援専門員協会では「自分たちにできる支援」を模索してきた。まず、行動を起こしたのが20万円の義援金。その後、様々な機関、関係者と連絡を取るうちに、宮城県石巻市に対し、支援を行う話がまとまり、人的支援団体「かながわケアマネ隊」を結成、派遣することを決めた。

 出発は4月15日に決まり、4月8日から神奈川県のケアマネジャーに対し、参加者を募ったところ、わずか1週間のうちに80人の応募が寄せられた。

 同時に活動資金を1口1000円から募り、目標額を130万円に設定した。レンタカーやガソリン代、高速代などを含めて1部隊あたり約10万円。それを13部隊派遣する内容で試算。最終的には249万8239円(5月12日時点)と目標額を大きく上回る活動資金が集まった。

 阿部理事長は、「いつまでたっても被災地に義援金が配られず、募金不信さえ漂う中で、我々はできる限り透明性をもって情報開示した。自分が出した1000円がブログなどを通じて、どのように使われているのかが、手に取るように分かったのが、こうした数字に繋がったのではないか」と分析する。

 最終的には55人を13班に分けて派遣。4月15日から5月11日のおよそ1カ月間、宮城県の石巻市と女川町の地域包括支援センターと活動を共にした。

 4月15日~28日までは、石巻市で避難所や在宅高齢者の実態調査、家屋内の荷物だし、ドロ掻きなどを行い、4月29日~5月11日については、女川町に活動をシフトし、避難所や在宅高齢者の実態調査、調査票の作成補助、データ整理などをおこなった。

 阿部理事長自身も二度、派遣隊として参加。「報道で分かっているつもりだったが、自分の目で見て、改めて被災地の状況に愕然とした。ケアマネ業務だけでなく、役に立つことなら何でもするというスタンスが必要だった」と当時の状況を振り返る。

 こうした活動状況は、同協会のホームページにあるブログで、その様子がありありと伝えられた。ブログの閲覧状況は5月12日時点で2万1960ビューに上っている。

 

「本気」が活動継続の原動力

 数ある被災地へのボランティア派遣の中で、「かながわケアマネ隊」の特筆すべき点は、その仕組みにある。

 「現地と電話で話をしていて、すごく感じたのは、ボランティアそのものは助かるが、スポット的ではなく、継続的に来て欲しいというニーズ」と阿部理事長。大事なのは、相手と顔馴染みの信頼関係を築くこと。そこで考えたのが、一つの地域に集中的、継続的に関わる「数珠つなぎ支援」という方法だ。

 メンバーを1チームあたり4人程度に編成し、2泊3日の交代制でケアマネを派遣。先発隊が帰る日と、次の部隊が来る日を同じにすることで、活動状況の申し送りができ、被災している相手に何度も同じ事を聞く負担をなくした。

 参加者からは「もう少し活動日数が欲しかった」という意見もあったが、企業や団体に所属している人で、仮に自分のお金と時間で1週間も参加できるの人というのは少数。2泊3日と区切ったことで、参加のハードルが下がり、多くのケアマネが現地に訪れ、活動することができたと阿部理事長は振り返る。

 「結局、スポット的な支援だと、その土地や人に対して、想いを寄せることに限界がある。私はケアマネ隊派遣を一過性のものにしたくなかったので、活動を特定の地域に集中させ、みんなの想いを一つの固まりにしたかった。そうすることで、その土地や人に対して、本気になれる。その気持ちが活動を継続していくための原動力になる」。

 同協会では、今後も継続的なケアマネ隊の派遣を予定し、関係のできた被災地に関わっていく考えだ。

 5月の連休が過ぎ、ボランティア派遣も随分と数が減る中で、まさにこれから復興に向け、支援を必要としている人達が多くいる。被災地を継続的に支援する仕組みを作り、行動している「かながわケアマネ隊」の活動に学ぶべき部分は多いだろう。 

(2011年6月10日号)

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール