ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャーケアマネ全国大会8/26、27石川 「地域づくり」学ぶ場に2017年8月22日07時00分

 日本介護支援専門員協会(柴口里則会長)は8月26、27日の2日間、石川県で第11回全国大会を開催する。大会テーマは「地域・かがやき・暮らし~今、介護支援専門員に求められている役割を果たす~」。子どもから高齢・障がい者などが暮らしを継続できる地域包括ケアシステムの実現へ、ケアマネジャーの役割を議論する場とする。北陸ブロック研修会、石川県研究大会との併催。

 1日目は厚生労働省の基調講演のほか、①医療と介護②認知症への支援③人材育成とマネジメント力向上④暮らしを支える地域包括ケア⑤ケアマネジメント・ケアマネジャーの現状と課題――のテーマ別分科会を開く。

 例えば「医療と介護」では、難病等や糖尿病といった具体的な利用者像に対する支援、入退院連携や看取りのケアマネジメントなどステージ別での関わり方、ICTによる連携などがメイン。また、「暮らしを支える地域包括ケア」では、インフォーマルサービスやボランティアを活かした支援など、介護サービス以外の地域資源活用についても触れる予定。

 また、2日目の多職種シンポジウムでは、大会テーマ「地域・かがやき・暮らし~今、介護支援専門員に求められている役割を果たす~」について異なる職種・立場が、現在の取組みと地域づくりのあり方について意見交換を行う。

 医師からは、在宅診療や緩和ケアを行うものがたり診療所(富山県砺波市)の佐藤伸彦氏、看護師からは「みんなの保健室わじま」(石川県輪島市)で地域の栄養相談サポート等に取組む中村悦子氏が登壇する。ケアマネジャーは金沢市地域包括支援センターの中恵美氏。主任ケアマネのほか社会福祉士、精神保健福祉士の資格ももつ。このほか、行政から厚生労働省社会援護局社会福祉専門官の添田正揮氏が加わる。

第11回日本介護支援専門員協会全国大会in石川

(第8回北陸ブロック研修会・第15回石川研究大会)

【日時】8月26日(土)~27日(日)

【会場】石川県立音楽堂(金沢市昭和町20-1)、ホテル金沢(金沢市堀川新町1-1)

【参加費】同協会会員1万円(事前登録8,000円)、一般2万円(同1万6,000円)など。

【問合せ】大会内容は石川県介護支援専門員協会(☎076・224・1211)、申込・協賛等は名鉄観光サービス(☎076・231・2126)

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール