ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャーケアマネ試験 合格者過去最少2万923人 合格率15.55%2016年2月19日07時05分

 厚生労働省は1月19日、10月11日に実施した第18回「介護支援専門員実務研修受講試験」(ケアマネ試験)の合格者が2万925人、合格率は15.55%だったと発表した。

 受験者数は13万4,539人で、過去5番目に少なかった。

 合格者数は、受験者数が少なかったこともあって、過去最少の2万925人にとどまり、合格率も、15.55%と、第14回(2011年度)の15.35%、第16回(13年度)の15.46%に次ぐ過去3番目の低さだった。

 合格者を職種別に見ると、介護福祉士が最も多く1万3,205人で全体の63.1%を占めた(昨年度比9,959人減)。次いで看護師、准看護師2,392人(11.4%)、相談援助業務従事者・介護等業務従事者の2,281人(10.9%)、社会福祉士1,713人(8.2%)などと続いた。18回までの累計合格者は65万504人で、そのうち「介護福祉士」が27万4,291人で42.2%を占め、「看護師、准看護師」16万3,284人(25.1 %)、「相談援助業務従事者・介護等業務従事者」7万1,248人(11.0%)、「社会福祉士」3万9,693人(6.1%)、「保健師」2万6,605人(4.1%)、「薬剤師」1万9,971人(3.1%)などとなっている。

 今回から、前17回まで続いた医療・福祉の国家資格者の試験免除がなくなった。また今回から受験資格が原則国家資格者となったが、再来年の第20回まで介護等業務従事者の受験が経過措置で認められる。

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール