ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャーダスキンホームインステッド 依頼7割がケアマネジャーから2012年11月13日18時47分

ダスキンホームインステッドは、介護保険を使わない家族介護のお手伝いサービス。日常的な掃除から、通院・外出の付き添い、身体介護や見守りなど、介護保険制度では十分に対応できないニーズに対し、制度外サービスならではの自由できめの細かい対応が可能で、利用者の満足やQOLを高めることが期待できる。同サービスが実際にケアマネジャーからどのように利用されているのか。東京都杉並区にある荻窪ステーションを取材した。

 荻窪ステーションでは、全体のサービス依頼の約7割がケアマネジャーから寄せられる。特に多いのが、突発的な要望への対応だ。急なキャンセルなどで事業者との調整がつかず、途方に暮れてしまった経験は、多くのケアマネジャーに共通する。そうした時に、24時間365日で対応してくれるのが、同サービスの最大の特長の一つであろう。「面倒な手続きが不要で、いざという時に安心して利用いただけます」と同ステーションの下平裕司マネージャー。24時間対応なので、夜間の利用も多いという。

 それ以外では、1回のみの利用でも対応が可能なため、介護保険サービスを補完するスポット的な利用や、介護保険サービスの利用が始まるまでのつなぎの部分で同サービスを利用するケアマネジャーもいる。

 料金は基本サービスの場合、1時間あたり3150円(税込、朝8時~夜10時、首都圏・近畿圏の場合)で、1回2時間より。夜間滞在12時間パックの場合、2万3625円(税込、夜6時から翌朝10時までの1回12時間以内)。

 サービスを提供する場所は、利用者の自宅は当然のことながら、病院・施設での利用も多い。「最近特に多いのは、在宅でお世話をさせていただいた利用者が入院されるケースです」と下平マネージャー。ホームインステッドサービスの場合、制度外サービスのため、仮に利用者が入院しても、継続してサポートできるというメリットがある。仕事などでなかなか面会に行けない家族に代わって、入院中の洗濯や買い物、話し相手などを務め、ケアマネジャーに入院中の利用者の情報を定期的に報告してくれるという具合だ。

 入院と同じく多いのが退院後の依頼。「退院直後は、家族だけでは介護の手が足りないケースが多く、食事やトイレの介助、服薬の確認などをお手伝いさせてもらっています」と下平マネージャーは話す。

 ケアマネジャーと関係を構築する上で、特に気をつけているのが、ホームインステッドサービスがどういうサービスなのか、どういうスタッフが従事しているかなどをきちんと伝える点だという。

 「当社はインフォーマルサービスなので、ヘルパー資格などのライセンスを持たなくてもサービスが提供できます。そのため、実際のサービスの質を心配されるケアマネジャーの方もおられます」(下平マネージャー)。

 そうした不安を解消するのが、前回もお伝えした同社独自の研修システムである。ホームインステッドサービスが他のインフォーマルサービスと異なるのは、全国で100を超える拠点を持ち、共通のトレーニングプログラムを修了したケアスタッフが、実際のケアにあたっている点だ。

 荻窪ステーションの場合、研修は3カ月に1度、全スタッフを対象に行う。特に認知症への対応については、ホームインステッド独自のテキストを用いて研修を重ね、介護保険では対応しづらい、質の高い滞在型の見守りサービスを提供している。

 また、不測の事態に備えて、すべてのサービスに損害賠償保険が付帯されていることなども説明し、ケアマネジャーに安心感をもって、利用してもらうことを心掛けているという。

 そして、サービスの質を担保する上で欠かせない仕組みが「品質確認の定期訪問」だ。

 ケアスタッフとは別に、マネージャーをはじめとするオフィススタッフが利用者宅を訪問し、実際に提供しているサービスに満足しているかどうかを確認していく。「必要ならば、再アセスメントやケアスタッフの交代なども行います」と下平マネージャー。

 こうした仕組みがあることが、数あるインフォーマルサービスの中で、ホームインステッドサービスがケアマネジャーから支持されている理由につながっている。

  • 下平裕司マネージャー.JPG












  •     下平マネージャー
  • 独自のトレーニングプログラムを修了したケアスタッフが、実際のケアにあたっている.jpg












  • 独自のトレーニングプログラムを修了したケアスタッフがケアにあたっている

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール