ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャー【ケアマネアンケート】研修制度見直し「評価できる」64%2014年10月22日08時05分

資質向上に期待、負担増加は懸念

 2016年度からケアマネジャーの研修制度が大幅に見直されるが、今回の見直しを現場で働くケアマネジャーはどのように捉えているのか――。本紙がアンケートを行ったところ、6割を超すケアマネジャーが、研修制度の見直しを「評価できる」と答え、前向きに捉えていることが分かった。アンケートは9-10月にかけて行い、207人のケアマネジャーから回答を得た。

1005care.jpg ケアマネジャーの研修制度を見直す目的は、地域包括ケアシステムの中で、多職種と連携・協働しながら、自立支援型のケアマネジメントが実践できる人材を養成すること。

 具体的には、実務研修と基礎研修との統合や、専門研修における選択科目の必修化、主任ケアマネに対する更新研修の導入などを行い、各研修の時間も大幅に拡充する。

 アンケートでは、こうした見直し内容について、どう思うかを尋ねたところ、64%のケアマネジャーが「評価できる」と回答した。

 その理由を自由記入で尋ねたところ、最も多かったのが「資質を向上させるためには不可欠」だとする意見。

 「ケアマネジャーのスキルの向上のために必要」(茨城県、女性)、「質向上のために研修内容を充実させていくことは評価できる」(広島県、男性)、「ケアマネジャーの質の向上につながることを期待したい」(大阪府、女性)など、数多くの意見が寄せられた。

 さらに、同様の意見で多かったのが、質の標準化を期待する声。

 「研修内容の充実により、ケアマネジャーの質の標準化を図ることが大事」(愛媛県、女性)、「ケアマネジャー個々の能力のバラツキを無くすためにも、研修制度の見直しはいいことだ」(茨城県、女性)、「ケアマネジャーの力量が違うと、サービス内容に差が出てしまい、利用者の生活の質やその後にも大きく影響してしまう。それを防ぐためにも研修の見直しは必要だと考える」(兵庫県、女性)などの意見があった。

 今回のアンケートで特徴的だったのは、「評価できる」と答えた人の記述にも、研修時間の増加が業務の負担増につながる点を心配する声が多かったことだ。

 「研修の見直しは評価できるが、時間数が増えることを負担に感じる。負担が少なくなるようにしてほしい」(愛媛県、女性)、「研修は大切だと思うが、平日は忙しいので、土・日などの休日に開催してもらえると行きやすい」(大阪府、男性)などの意見があった。

 このほかには、「更新研修の選択科目は、どれも重要だと思われるので、必修化するのは良いことだと思う」(兵庫県、女性)、「『ケアプランという文書の作り方講座』ではなく、実際に利用者と多く接しながら、信頼関係の形成を行い、適切なアドバイスを行う方法や、いかにしてサービス事業者と連携をしていくかなど、今のケアマネの現状に足りないことが勉強できる研修であってほしい」など、研修の見直しに期待する意見も多くあった。

 一方、アンケートで「評価できない」と答えたケアマネジャーも33%いた。自由記入でもっとも多かった理由が、業務負担の増加を懸念する意見だ。

 「ケアマネジャーの資質向上のための研修は、ある程度必要だと思うが、今以上に研修時間が増えることは負担に感じる。短時間でも有意義な研修内容であればいいのでは」(愛媛県、女性)、「研修場所も遠く、何日も研修に時間をとられるとなると、普段の業務がまわらなくなる」(広島県、女性)、「研修時間の大幅な増加はかなりの負担。休暇を使って、研修費も自己負担せざるを得ない人もいる。事業所の理解や協力がないと大変厳しいと思う」(茨城県、女性)などの意見があった。

 さらに、「評価できない」の意見で多かったのが、研修の中身に対する意見。

 「実際の研修が、本当に有益なものなら良いが、現状が時間の消化にすぎないものも多く、研修時間を増やすだけなら不要だと思う」(愛媛県、女性)、「ただ研修を行うだけでは、現行でも更新するだけの研修になっているので、時間を増やしたところで何も変わらない」(茨城県、男性)、「研修費、交通費をかけて行っているわりには、研修の内容が薄い」(広島県、男性)など、現状の研修内容に対して、厳しい意見が目立った。

 業務負担の増加や、研修の内容に対する懸念は、「評価できる」「評価できない」ともに、多くのケアマネジャーが指摘しているため、見直しに伴い、この部分をどのように解決していくのかは大きな課題であろう。

主任ケアマネの更新研修導入 「評価できる」が6割

1005care2.jpg 主任ケアマネジャーにも更新研修を創設し、更新制を導入することについては、「評価できる」が67%、「評価できない」が30%と、こちらも研修制度全体の見直しと同様の結果となった。

 「評価できる」の主な意見では、「介護保険制度が目まぐるしく変革していく中で、主任ケアマネの更新制は不可欠」(茨城県、女性)、「主任ケアマネの研修を一度受けただけでは、求められる実務をこなすのは難しいと思う。もっとスキルアップできる内容の研修が必要」(兵庫県、女性)、「主任ケアマネとしての立ち位置、意識の向上、活躍の場が広がる意味で評価できる」(滋賀県、女性)などの意見があった。

 一方、「評価できない」では、「主任ケアマネという立場から、これ以上の負担は、直接の仕事への影響がでることを心配する」(愛媛県、女性)、「主任ケアマネは、そもそもスーパーバイズができることが条件で、研修の受講が認められているので、更新制を入れる意味がないように思う」(兵庫県、男性)、「更新制を導入することで、研修の受講料などがかかり、金銭的負担が大きくなる」(広島県、男性)などの意見が寄せられた。

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール