ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケアマネジャー第22回ケアマネ試験(10/13)申込みスタート2019年5月16日07時10分

 今年度のケアマネジャー試験(第22回介護支援専門員実務研修受講試験)は10月13日(日)に実施される。都道府県によって受験申し込み期間は異なるが、多くの自治体で5~6月に受付を開始する。昨年行われた第21回試験では、受験者数は4万9,312人と前の年から6割減、合格者にいたっては4,990人と前年の2割にも満たなかったことが大きな話題となった。合格率も10.1%と過去最低を更新している。藤仁館医療福祉カレッジ講師の秋山巌氏は、「前回に引き続き、2018年度の介護保険制度改正の内容を押さえることが合格への一歩」と今年の出題傾向を分析する。同氏に試験対策のポイントを解説いただいた。(協力=藤仁館学園)

 第22回ケアマネ試験の学習のポイントは、介護支援分野では直近の2018年の介護保険法改正でしょう。前回の試験は、18年度の介護保険法改正について、5問も出題されています。同試験の介護支援分野の合格基準点が13点。直近の改正の内容をしっかり押さえておけば、合格基準点の3分の1以上を得られた計算です。しかも、各問題の難易度も一般的なテキストを学習していれば十分得点できる内容です。ここで得点できるかどうかが勝負の分かれ目でした。
 また最近の試験では、法律の条文についての出題が多くみられます。ケアマネジャーには今後ますます法令遵守と公平性が求められるため、今回も同様の出題がされる可能性があります。まずは配点の大きい介護支援分野をしっかり得点できるように学習し、合格点を確保しましょう。その後、「保健医療サービスの知識等」や「福祉サービスの知識等」の学習を進めるのが合格への近道といえそうです。

0512cmt.jpg

「ケアマネジャー」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール