ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス「食」にこだわったデイ ハッピーデイズ ワタミの介護 2011年10月13日19時00分

 首都圏を中心に有料老人ホームを展開するワタミの介護(東京都大田区、清水邦晃社長)は新たにデイ事業に参入。1号店「ハッピーデイズ相模原中央」が9月1日にオープンした。

 提供サービスは、送迎、入浴、昼食、機能訓練、口腔ケアなど。中でもワタミ本体が有する「食」のノウハウを最大限活かした食事サービスが特長。「レストランみたいなデイ」をテーマに、事業所全体が外食レストラン調にデザインされている。

 昼食は、専属シェフが調理するこだわり。メニューは洋食メインで、自社農場ワタミファームの新鮮野菜のサラダバー、前菜、焼きたてパン、スープ、デザートとコース料理さながらの内容となっている。食事代は1食800円。利用者の状態や好き嫌い、アレルギーなどを考慮した食事を提供する。

 管理者の庄司恵子氏は「飲み込みやすく、どの品もおいしいとの評価を頂いています。ほとんどの方が毎回完食されます」と高齢者にも洋食が歓迎されていると語る。

 さらに入浴用にチェアーインバスを設置、機能訓練、口腔ケアにも取り組んでいる。「11月末までに契約数100人」(同氏)が目標。

happydays_2.jpghappydays_1.jpg happydays_3.jpg

     管理者 庄司恵子氏             専用調理スペース        ハッピーデイズ相模原中央外観

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール