ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス介護事業各社中間決算 売上げ順調2014年12月11日08時00分

初期費用増などで利益伸びず

 介護事業・福祉用具関連事業各社の2014年度中間期決算(9月期)が出そろった。

 介護事業各社は、事業所を拡大し、売上げもおおむね順調に推移したが、新規事業所の立ち上げに伴う初期費用の増加や景気回復による人件費の増加などで、利益面では減少させた企業が目立った。

 なかでも、やまねメディカルは損失を計上。学研ホールディングスは前年に続いての損失計上だが、赤字額は減少した。

 利益を確保したものの、シップヘルスケアホールディングスやシダーは80%を超える減益に、ワタミ、ツクイ、セントケア・ホールディング、ケアサービスも10%以上の減益となった。初期費用などが小さかったニチイ学館、メッセージ、ユニマットそよ風、ロングライフホールディングスは、増収増益となった。

 14年度の通年の決算(3月期)は、各社とも増収に見合った増益を見込むところが多いようだ。

 一方、福祉用具関連事業各社の中間期決算は、従来と同様、それぞれの扱う用具によって、好不調が分かれた。

1202kessan.jpg

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール