ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスタケモトデンキ 「超音波ストッパー」新発売2014年11月19日08時00分

takemotodenki.jpg タケモトデンキ(大阪市、三宅康雄社長)は超音波離床検知システム「Care愛」用に、超音波センサーの感知を遠隔操作で一時的に停止できる「超音波ストッパー」(2万円、税抜)を発売した。

 Care愛は、ベッドから利用者が離れるとその動きを超音波センサーがキャッチ、情報を居室から職員の詰所までコンセント間の電力線を通じて知らせる離床検知システム。既存のナースコール装置に分岐ボックスを介して、Care愛の子機と超音波センサーをつなげることで、既存のナースコール端末に連動させて離床を検知できるようになる。

 超音波ストッパーは、介助や居室の掃除の際など、職員がベッドサイドに近づく時だけ超音波センサーの検知を遠隔操作で介助できるスイッチ。

 現在、ナースコール連動型離床センサー(7万8,000円~、税抜)を1セット購入すると、超音波ストッパーを1台プレゼントするキャンペーンを実施中。100台限定。

 なおこのほど超音波センサーに、ベッド下に設置した際に隣の入所者との間仕切りカーテンに反応しないよう、検知距離を30~120㎝の間で4段階に設定できるモードを搭載した。

 問合せは同社(☎06・6300・2168)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール