ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスウィードメディカル 本社移転でメンテナンス体制拡充2014年10月20日08時05分

1002weed2.jpg 中国・関西エリアで福祉用具レンタル・販売、住宅改修などのサービスを展開するウィードメディカル(鳥取市、林誠社長)は9月12日、業務拡大のため本社を移転し、福祉用具のメンテナンス体制の拡充などを図った。

 新しい事務所は床面積約700坪の2階建てで、以前の事務所の約5倍の広さになった。レンタル用具のメンテナンスセンターも拡張され、アタム技研(名古屋市、塚原弘祥社長)のメンテナンス機器を導入した。採用されたのは、多目的洗浄機、多目的高速乾燥機、マットレス洗浄機、車いす車輪洗浄機、アルコール消毒器で、5人の専門スタッフが用具の洗浄・消毒業務に従事する。

1002weed.jpg 「レンタルは毎年1~2割の伸びを示しており、これまでの洗浄・消毒設備が手狭になっていました。また、用具の洗浄・消毒の質を高めると同時に、管理工程の標準化を図るための高機能な機器が必要だと考えました」と林社長。日頃から用具のメンテナンスにしっかりと取り組んでいることを、さらにアピールしたいとの思いも強かった。

 「マットレス洗浄機はウレタン系製品でもしっかりと洗え、多目的乾燥機で内部までしっかりと乾燥させることができます。ご利用者様に安心して清潔な用具をご使用頂くために、誰が行っても質の高いメンテナンスができる体制の整備は重要です」と林社長。同社ではまた、レンタル品搬入後の使用状況について、電話での状況確認だけではなく利用者の了承を得た上で使用の様子を写真撮影し、文書とともに担当ケアマネジャーへとフィードバックしている。

 同社は現在、鳥取、松江、広島、大阪に拠点を置くが、今後埼玉を始めとする関東各地、神戸などにも営業所を開設し、サービスエリアの拡大を図る予定。商圏拡大と定着のためには、今後も質の高いサービスの確保が欠かせない。

 なお同社は2010年から鳥取大学と共同で、階段を昇降できる車輪タイプの自走式車いすの開発研究を行っている。この車いすは、HCR2014の会場でも参考出品された。

 同社=☎0857・30・6464

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール