ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスパナソニックAFL 滑り止めマット、手すり新発売2014年9月24日08時05分

Panasonic1.jpg よりやや広く両手でしっかり握れるため、身体の軸が安定しやすく、重心の移動範囲も広くなる。また、自然で無理なく起き上がり・立ち上がりなどの動作を行いやすい。パナソニックエイジフリーライフテック(大阪府門真市、山崎智司社長)は「HCR2014」に出展し、「パナソニック」ブース(2―10―09)で、ポータブルトイレや入浴用品、その他参考出品製品などを展示する。

 新商品の「すべりどめマットぴたりんこ」は、浴槽内での転倒防止や姿勢保持に適した滑り止めマット。素材にエラストマーを採用したオレンジとブルーのリバーシブルタイプで、両面ともに高摩擦性の表面加工が施され、高い滑り止め効果を誇る。防かび加工でお手入れも簡単。幅38×奥行き40㎝のSサイズ(4,500円、税抜)、38×55㎝のMサイズ(4,800円、税抜)、38×70㎝のLサイズ(5,000円、税抜)の3タイプ。

 同じく新商品の「居室用自在手すりツインディ」(6万円、税抜)と「玄関用自在手すりツインディ」(6万6,000円~、税抜)は、福祉用具レンタル向け手すり。居室用は支柱を中心に左右の手すりがそれぞれ30度ピッチで角度調節でき、2本の手すりの角度が60~300度の状態で使用できる。これにより、肩幅よりやや広く両手でしっかり握れるため、身体の軸が安定しやすく、重心の移動範囲も広くなる。また、自然で無理なく起き上がり・立ち上がりなどの動作を行いやすい。

 玄関用は、上側・下側の手すりがそれぞれ独立して高さ調節ができ、昇降動作を安定させやすい。横手すりは平型状で手の平に力を乗せやすく、縦手すりは丸形状でしっかり握りこんで身体を引きつけやすい。後ろ向きや横向きで降りる動作、身体を反転させる動作も安定する。対応できる上がりかまちの高さは16~36㎝。

 同社ブースではその他、ポータブルトイレ「ラフィーネ」、浴槽手すり「ユニットバスサポーターUB―130」など、多数の商品を展示する。

 問合せは同社(☎06・6908・8122)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール