ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス近鉄スマイルサプライ サ高住&小規模多機能開設2014年4月15日08時00分

0408kintetsu.jpg 近鉄スマイルサプライ(大阪府東大阪市、南野純一社長)は3月19日、東大阪市でサービス付き高齢者向け住宅「ウェルスマイル八戸ノ里」と小規模多機能型居宅介護「八笑(やえ)の家」の竣工披露会を開催した。

 会には、同社関係者や地域の介護福祉関係者らが集まり、施設の竣工を祝った。南野社長は「現在ますます高齢化が進む中で、住まいと医療、看護、介護サービスなどを一体的かつ連続的に提供できる、当社として初めての施設。今後、地域の関係機関などとも連携して、地域包括ケアの一端を担っていきたい」と挨拶した。

 近鉄「八戸ノ里」駅から徒歩6分の立地で、建物は3階建て、1階が小規模多機能で2~3階がサ高住。サ高住は全50戸。居室はAタイプ(18㎡)34戸、Bタイプ(19.5㎡)16戸。居室には、エアコン、温水洗浄暖房便座トイレ、緊急呼び出し装置、収納スペース、洗面所、ミニキッチン(Bタイプのみ)を備える。各フロアに明るい雰囲気の談話コーナーをしつらえた。月費用は、Aタイプ14万7,960円、Bタイプ14万9,960円。地元医師会とも連携し、24時間サポート体制を整える。小規模多機能は定員25人、通い定員15人、泊まり定員9人。

 「サ高住に小規模多機能を併設したことで、重度対応もでき、終の棲家として入居いただける形とした。自社の訪問介護も含めて、必要に応じ地域のサービスも上手に活用しながら、その方らしい生活を実現して頂けるよう、お手伝いしていきたい」と同社開業準備室課長の三輪五月さんは語った。入居の際、引っ越しに伴う各種手続きを代行する住み替え支援も行い、入居日には「ウェルカム御膳」を用意し、引っ越しを祝う。

 問合せは同社(☎06・6732・7101)まで。

 0408kintetsu2.jpg

開放的な談話室

0408kintetsu3.jpg

Bタイプのモデルルーム

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール