ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネススズキ「セニアカー ET4D」などリニューアル2014年3月18日08時00分

 スズキ(浜松市、鈴木修社長)はこのほど、同社セニアカーシリーズのメイン機種「ET4D」をリニューアル発売した。取り扱いやすさや快適性の向上を図った。

 本体前部には大型バスケットを装備。買い物にも便利な25サイズで、荷物をたっぷり収納できる。リヤバスケットを装着すると、国の規定する寸法基準を超えるため、警察署で確認申請を受ける必要があるが、フロントを大容量とすることで、その必要性を軽減させた。

 前後左右の傾斜や、後進、右左折、充電状態などを知らせる音声案内機能を追加。傾斜お知らせでは、センサーが登坂時だけでなく下り坂や左右の傾きも感知する。

 ハンドル周りでは、バッテリー残量を示すランプに加え、充電を促す表示、走行距離計、定期点検を促す表示、傾斜への注意を呼びかける表示を採用することなどで、利便性と安心感の確保に配慮した。ハンドルのグリップ形状も、従来よりも握りやすい形に改良した。

 1回の充電で約33㎞走行可能。カラーは新色のペールイエロー(写真)とペールブルー、メタリックレッドの3色。価格は36万8000円(非課税)。

 なお同シリーズ「ET4E」も合わせてマイナーチェンジを行った。充電の案内、バッテリー残量などの表示灯を見やすくリニューアル。ET4D同様に、前後左右の傾斜や充電状態などを知らせる音声案内機能を追加した。価格は29万8000円(非課税)。

 問合せは同社(☎0120・402・253)まで。

 スズキ http://www.suzuki.co.jp/welfare/

 ET4D.jpg

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール