ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス「お泊りデイサービス協会」設立 業界全体のサービス品質の向上目指す2013年10月 9日18時53分

 お泊りデイサービス協会(本部:東京都文京区、会長:藤田英明=日本介護福祉グループ会長)は7月19日に設立、8月28日に設立総会を開催し、業界団体としての本格的な活動を開始した。

 お泊りデイサービス協会は、日本介護福祉グループ(東京都墨田区)、アクロス(大阪府吹田市)、家族介護(東京都中央区)、ケア・トラスト(東京都豊島区)、女性能力開発研究所(埼玉県川口市)のデイサービス事業者5社が設立発起人となり、73社・156事業所(7月30日時点)が加盟している。

 お泊りデイサービスは、介護保険制度に基づく通所介護サービスに、自主サービスとして宿泊サービスを提供する新たなサービスモデルとして注目され、特に認知症高齢者を中心とする要介護者からの支持を得て、全国に急速に事業所が拡大している。

 ただ、事業モデル全般を懐疑的に見る傾向や、誤った情報に基づく議論が展開される状況もある。そのため、正しい情報を発信し、利用者に必要とされる介護サービス提供を実現できるよう、各事業所が情報交換し、研鑽する機会を提供することなどを目的に設立された。

 会費はお泊りサービスを提供する通所介護事業1カ所あたり月額1000円(年間1万2000円)。初年度に1000事業所、3年後に2000事業所の会員獲得を目指す。

 具体的な活動内容としては、東京都、大阪府による独自基準の遵守を推進するとともに、議論を重ね団体独自の基準案策定を目指す。今年度は年3回の勉強会と年1回の年次総会兼勉強会を開催する。今後の活動として、東京と大阪の2会場で、協会会員に向けた継続的な勉強会を開催し、業界全体のサービス品質向上を実現していく。
 

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール