ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスイーストアイ 「イーストライダー」新タイプなど発表2013年5月24日08時00分

0509east.jpg イーストアイ(東京都足立区、鈴木忠博社長)は、4月18~20日に大阪で開催された「バリアフリー2013」で、リハビリ足こぎ3輪車いす「イーストライダー」や同社の人気歩行器「セーフティーアーム」シリーズの最新作を発表した。

 「イーストライダー」はハンドルの付いた前輪部分と車いす部分とが着脱可能な3輪タイプの車いすで、リハビリや移動など、利用者の使用目的や身体状況にあわせた使い方ができるのが特長。7年ぶりとなる今回のモデルチェンジでは、ハンドルブレーキを装備させることで、屋外での使用が可能になった。7月中旬頃に発売予定で、価格は14万円(非課税)を予定している。

 「セーフティーアーム」シリーズでは、2製品を新たにラインナップに追加。1つは馬蹄型タイプの歩行器「Uタイプウォーカーシリーズ」に、大型のアームレストを装備した新タイプをリリースする。左右の前腕支持部を大型化することで、バランス保持がしやすくなり、より安定した歩行をサポートできるようにした。6月中旬頃に発売開始予定で、価格は3万4000円(非課税)を予定している。

 もう一つが「ロレータシリーズ」に、同じく大型のアームレストを装備したタイプを追加する。ロレータタイプは、アームレスト部分が可動式で、いすとして使用する際に背もたれにもなるのが特長。外出などの歩行時に安心して使用することができる。7月中旬頃の発売予定で、価格は5万9850円を予定している。

 問合せは同社(TEL.03・3897・9393)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール