ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスかがやきのれん会 FCとは異なる新しいデイ事業支援2013年5月22日08時00分

 デイサービスセンターの運営やコンサルティング業務を手がける「かがやき」(群馬県館林市、後藤與四人社長)は、現在、デイサービス事業者同士の交流促進を通じて介護サービスの質を高めていくための会員制組織「かがやきのれん会」の会員を募集している。定例会の開催など、仲間づくりや情報共有のための仕組みをベースに、必要に応じて研修やコンサルティングなどの有料サービスを提供し、事業運営をサポートしていく。フランチャイズ方式とは異なる新しい事業モデルで、今後5年間で関東エリアを中心に約50の事業者会員の獲得を目指している。

 「かがやきのれん会」は、会員事業者に対してデイサービスの開業や運営に必要なノウハウをパッケージで提供する仕組み。会員どうしの仲間づくりや情報共有をベースに、運営システムや研修面などで必要なサポートを本部が有料で提供する。フランチャイズ方式のような本部主導型の事業形態とは異なり、事業者どうしの横のつながりに重点を置きながら、自分達の事業所に不足する部分を本部がサポートしていくというスタイルが特長だ。

 同会の代表を務める後藤與四人氏は、「デイサービスは地域の特色が強く出るため、本部からの強い制約を受けながら、一律のサービス展開をしていくという事業形態は馴染みにくい。さらに制度改正などでサービス単価や利用時間に大きな変更が生じると、モデル自体が崩れてしまい、加入者と利用者に大きな影響が出てしまうというリスクがある」と従来のフランチャイズ方式の問題点を指摘。「事業者どうしが集まって知恵を出し合い、そこで改善できるものは改善し、改善が難しい場合は、必要に応じて本部がコンサルティングなどの支援を行うほうが、会員事業者も使いやすいと思い、本会の仕組みを考えだした」と、設立に至った経緯を説明する。

 同会の入会料は、審査費として小規模事業者15万円、通常規模17万5000円、大規模20万円。これに加えて、月々の会費が小規模事業者で1万円、通常規模1万5000円、大規模2万円必要となる。

 基本コンテンツとしては、仲間づくりと情報共有のための仕組みがあり、定例会の開催はその中心。会員どうしの交流と情報交換を目的としており、2カ月に1回程度の頻度で開催される。また、介護保険に関する情報や先進的な取り組みなどを紹介する会報誌の発行なども行う。 < br>
 事業所として必要な時に利用するオプションコンテンツ(有料)は、大きく①施設運営サポートと②研修・技術支援サポートの2つに分かれる。①施設運営サポートでは、直営施設やのれん分け施設で取り入れられているデイサービス運営システム「かがやきメソッド」の導入サポートプログラムを提供。利用者からの評判の高い施設内通貨「おーら」の導入をはじめ、必要な各種備品、職員向け研修、かがやき実習がセットになったプログラムで料金は150万円となっている。

 また、同社が独自に開発したデイサービス用の業務支援システム「K・D・Sサービス」では、iPadを使用し、職員の書類管理や記録業務の効率化を支援する(初期設定・導入研修15万円、システム使用料月額1万9000円)。このほか、訪問コンサルティング(1回12万円)、施設環境調査(内部環境12万円、外部環境35万円)などのコンテンツメニューがある。

 ②研修・技術サポート面で軸となっているのが、専用マシンを利用したパワーリハビリテーションを提供するための研修だ。同会では、エビデンスに基づいたサービス提供を担保するために、パワーリハビリテーションを機能訓練に取り入れることを入会条件に位置づけている。この他、接遇や相談業務、通所計画作成のための各種研修をサポートする。

地域一番の施設づくりを目指す

 同社では、これまでにパワーリハを取り入れた機能訓練や施設内通貨「おーら」を活用した利用者の意欲向上といった取り組みで実績をあげており、こうした独自のコンテンツやノウハウに関して、他事業者からの問い合わせが数多く寄せられていた。また、デイサービス事業所の増加にともない、改善効果の低い機能訓練を行う事業所との差別化やパワーリハビリテーションの正しい提供方法に対するニーズも強まっていたという。こうした背景から、ある程度のパッケージモデルをつくり、同社が持つコンテンツやノウハウをほかの事業所でも導入・実践できるようにしたのが、「かがやきのれん会」だと後藤氏は説明する。

 同会の狙いは「地域の事業者の底上げ」と後藤氏。「我々はスピードを求めて急成長することを目指してはいない。地域の住民に選ばれる『地域一番の施設づくり』を真剣に目指している。意識の高い仲間と共に、素晴らしい施設を一緒につくることが、本会の一番の目的」と同会にかける意気込みを語る。

 同会では6月9日に開催されるセミナーを皮切りに、今後5年間で関東エリアを中心に約50の事業者会員の獲得を目指している。

【セミナー案内】「地域一番のデイサービスをつくろう!」

日時:6月9日(日)13:30~(講演時間2時間程度)
場所:かがやき本社・研修センター2階(研修室)
対象:デイサービス事業に新規参入を検討している事業者
費用:無料
定員:先着10人
問合せ先:0276・80・1002
Eメール:kagayaki@kagayaki-inc.jp

  • かがやき後藤社長.jpg
  • かがやきのれん会代表の
    後藤與四人氏


  • パワーリハ.jpg
  • パワーリハをとり入れた機能回復訓練に
    取り組む利用者

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール