ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスノダ バリアフリー建材のラインナップ強化2013年4月24日08時00分

 バリアフリー関連商品を多く扱っている建材メーカーのノダ(東京都台東区、野田章三社長)は、このほど新商品を発表した。介護施設など高齢者の住まいで、より効果を発揮するバリアフリー商品が加わり、同社のラインナップをさらに強化した。

 「アウトセット自動上吊り引き戸」は開閉の自動アシスト機能を備えた引き戸。手で戸を2㎝ほど開くと、後は自動で開き、一定時間経過後に自動で閉まる。ドアが閉まる際、人や物にあたると再び開くセーフティリターン機能で安全に使用できる。停電しても手動開閉が可能なので、災害など緊急時にも安心。手が不自由な人向けに、センサーやプッシュスイッチによる自動開閉に変更できるオプションもある。

 「認識窓付き扉」は同社の各種扉にハガキサイズ(縦16・45×横11・7㎝)の小窓を取りつけたもの。室内の確認窓として利用できるほか、認知症の人にも自室がわかりやすいよう、慣れ親しんだ写真や絵、折り紙を入れることができる。

 「フラットチェア後付けタイプ」はリフォームにも適した省スペースの折りたたみ式いす。玄関に設置して靴の履き替えを安心して行えるほか、洗面脱衣室に設置すると着脱衣時に便利。使用しない時は壁からの厚さ7・4cmとコンパクトに折りたためるため邪魔にならない。

 同社では、これら新商品に加え、すべりにくく衝撃吸収性に優れた床材「衝撃吸収フロア ネクシオ」など主力製品を多数掲載したカタログも発行するほか、全国5カ所にある同社ショールームでは実際に商品の体験ができる。

 問合せは同社(TEL. 0120・51・4066)まで。

  • 新商品「アウトセット自動上吊り引き戸」。軽い力で少し開けると、後は自動で開く.jpg
  • 新商品「アウトセット自動上吊り引き戸」
    軽い力で少し開けると、後は自動で開く

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール