ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス医療・介護の食品展示会 メディケアフーズ展20132013年2月13日08時50分

 医療・介護の専門職などが集まり高齢者生活を食で支える展示会「メディケアフーズ展2013」が2月19、20日の2日間、東京ビッグサイトで開かれる。

 5回目の今年は「高齢者食の明日はここから」がテーマ。専門性の高い栄養学から家庭で実践できる介護食レシピ講座まで食にまつわるセミナーが多数開催される。同時に60社以上の介護食、食器、調理機器メーカーや配食事業者が最新商品を展示する。

 特別セミナーは▽「食べて元気になるハッピー介護食~課題は入り口介護食のラインナップ~」(ムラカミアソシエーツ村上祥子社長)▽「低炭水化物食に期待する嚥下食の可能性」(浜松大学金谷節子教授)▽「新在宅元年~訪問栄養食事指導のめざす道~」(全国在宅訪問栄養食事指導研究会前田佳予子会長)――など8講演。

 また試食セミナーでは食材提供・配食事業を展開するグローバルキッチン(東京都港区、亀井泰人社長)が「高齢者介護施設の給食業務改善!給食の味の向上&コスト削減!」を、調味料・だしメーカーのマルハチ村松(静岡県焼津市、村松憲行社長)が「金谷先生ご推薦!食べて学べる介護食」をそれぞれ行う。

 同展示会は栄養系の専門職以外に医療・介護従事者が多く来場するのが特徴。昨年は2日間で過去最多の6832人が来場し▽管理栄養士・栄養士20・1%▽医療・介護関係者19・6%▽食品・医薬流通業者30・5%――の内訳となっている。

 入場料は3000円。ホームページでの事前登録をすれば入場無料となる。特別セミナーは聴講料2000円で事前予約優先の定員150人。試食セミナーは参加無料で要事前予約。

 問合せはUBMメディア(☎03・5296・1009、FAX03・5296・1018)まで。

  • 昨年の展示会の様子.jpg
  • 今年は60社以上の企業が出展

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール