ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス素肌と同じ弱酸性素材を採用 白十字2013年1月28日13時44分

 調査すると、介護者がおむつに求めるのは、①もれない②吸収量が多い③価格④肌にやさしいの4点だった。

 ①の「もれない」には、テープ止め「サルバ安心Wフィット」の足回りに面でフィットしてモレを防ぐ立体ギャザーの採用と、排尿された瞬間に尿を吸収体の奥へ入れ込ます「地下水路機能」の「サルバ朝まで1枚ぐっすりパッド」の組み合わせなどで対応した。②の吸収量の多さには、吸収量の多いタイプの品揃えを行った。③価格面は、高機能タイプのほかに、レギュラータイプの「応援介護」ブランドがある。④「肌にやさしい」というニーズには、素肌と同じ弱酸性素材であるpHコントロール素材を活用したおむつやパッドを開発している。

 昨年10月9日発売の「サルバ朝まで1枚ぐっすりパッド」もそのひとつ。「肌にやさしい」を実現するために、吸収体内部のパルプを弱酸性(pHコントロール仕様)に調整するとともに、吸収体表面を素肌(pH4・5~6・0)に近い弱酸性素材を採用し、皮膚への負担を軽減している。

 尿は排尿時は中性だが、空気に触れることでアンモニアになりアルカリ性に変わり、肌荒れの原因になっている。 当社が弱酸性素材のおむつを発売して2年半がたった。今後、同素材の製品を拡大していきたい。

  • 白十字田中大樹.JPG
  • マーケティング係長

    田中大樹氏
  • 白十字.jpg
  • 「サルバ朝まで1枚ぐっすりパッド」

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール