ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス日本歯科大学 小金井市に口腔リハの地域拠点開設2013年1月10日19時11分

 日本歯科大学は10月17日に「口腔リハビリテーション多摩クリニック」(東京都小金井市)を開院した。歯科外来と訪問診療を通じて「おいしく食事をすること」を目標に、地域における口腔リハの総合支援拠点をめざす。

 延床面積1400㎡の院内には歯科診療室の他に嚥下造影検査室、歯科用CT・全身麻酔室、言語機能訓練室、摂食機能訓練室などが完備。受付横には外来患者が立ち寄れる介護食ショップも設置している。

 同院菊谷武院長は「都内で訪問歯科を提供する歯科医は2割程度と全国平均よりは高いが、診療内容は治療と義歯の調整が大半」と指摘。「嚥下評価を行い、訪問先が持っていない資源を補完しながら指導を含めたケアを提供するのが当院の役割」と述べる。

 同院は歯科医師、歯科衛生士、言語聴覚士、管理栄養士のほか、状態急変に対応するため内科医を配置している。「診療が増えるにつれマンパワーの課題は当然ついてくる。施設の訪問歯科は基本的に歯科医師2人体制。今後診療が増えるにつれ外来とのバランスには苦慮する」(同氏)。

 地域連携のために介護事業所や施設に求める情報として同氏は「口腔リハの目的は誤嚥性肺炎の予防。口を清潔にすることよりもむせやたんの絡み、食事時間の観察が最優先」と強調。在宅要介護者に関しては「デイサービスの食事介助ノウハウをもっと在宅に落とし込むべき」と課題を話した。

  • 11koganei01.JPG
  • 菊谷武院長
  • 11koganei02.JPG
  • 栄養指導リハ室は嚥下食の研修
    スペースとしても利用
  • 11koganei03.JPG
  • 付き添い者の同席や
    診療見学も行いやすい広い診療室

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール