ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス施設の感染予防対策に除菌消臭水「セラ」 ビッグホワイ2012年11月19日18時00分

10bigwhy.jpg ビッグホワイ(愛知県一宮市、石原信社長)の衛生水「セラ」は安全を第一に考えた感染予防対策品。介護現場の空間衛生を維持し日常の清掃にも簡単に使用できるのが特長だ。

 主成分の弱酸性次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムの粘膜・皮膚刺激性を克服し肺に吸い込んだ際の無毒性が確認されている。O―157の抗菌作用も高く、居室やユニットだけでなく厨房の衛生管理にも活用できる。

 またアンモニア臭の抑制効果が高いので、介護施設などで利用者がトイレ以外の場所で放尿してしまったときでも拭き掃除の仕上げに活用できる。

 専用の超音波霧化器は3~5ミクロンの極小ミストを噴霧。周囲を濡らさず、湿度への影響はほとんどないため和室でも使用できる。噴霧量は使用場所の広さに応じて2分の1、4分の1に調整可能。

 また携帯用スプレータイプはニオイ発生源や菌に直接噴きかけて使用。オゾン機器では効果が行き届きにくい低い位置にある手すりや床の拭き掃除に効果を発揮する。

 価格はセラ原液が20Lで1万1000円、超音波霧化器が3万1500円、ハンドスプレータイプが1本300で1600円など。
 問合せは0586・87・6617まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール