ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスコミュニケーションロボ実証 活動量増加など効果2017年6月20日07時00分

0603robo.JPG 日本医療研究開発機構(末松誠理事長)は5月29、30日に「AMEDシンポジウム2017 医療が目指す未来の笑顔」を開催し、国が進める介護ロボット開発・普及事業のうち、コミュニケーションロボットについて、介護現場で行った実証実験の経過報告を行った。

 同実験は、16年度中に、すでに市販されているコミュニケーションロボット約1,000台を98カ所の介護施設に導入。導入前後の利用者の変化について評価し、コミュニケーションロボットを、介護分野で活用するに当たり、必要な要素を明らかにすることを目的としている。

 当日の発表では、小型で持ち運びが出来るコミュニケーションロボットについては、利用者がロボットと一緒に移動するなど、導入前後で、生活がより活発化するなどの結果が示された。また、ロボットが利用者の相手をすることで、介護職などの負担軽減や介護業務の生産性向上の効果も得られたとされた。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール