ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスエス・エム・エス 「ビュートゾルフ」日本法人と業務提携2017年5月18日07時00分

 エス・エム・エス(東京都港区、後藤夏樹社長)は4月17日、オランダの在宅チームケアモデル「ビュートゾルフ」の国内普及を手がけるビュートゾルフサービスジャパン(東京都中央区、髙橋英太郎社長)と業務提携を行った。チームケアに欠かせない情報共有や業務効率化に係るICT基盤の提供や、訪問看護師等の採用・育成サポートを担う。

 ビュートゾルフは、看護師を中心に最大12人の独立した専門チーム。地域で40~50人の利用者を支援する。オランダでは地域包括ケアの成功モデルとして急拡大し、16年時点で約890チームが組織。1万人の看護師や介護職が活躍している。

 ICTを活用したコスト・業務効率も追求するため、利用者だけでなくスタッフの満足度も高い。利用者1人あたり費用も他の在宅ケアチームに比べて低く、社会保障費の効率化への期待も大きい。

 ビュートゾルフサービスジャパンでは本格的な国内展開をめざし、加盟事業者への人材採用サポートを行う「ビュートゾルフカレッジ」を立ち上げる予定。エス・エム・エスは同カレッジの紹介や、加盟事業者への人材紹介などをサポートする。

 また、ビュートゾルフの業務支援システム「ビュートゾルフ・ウェブ」にエス・エム・エスの「カイポケ」をシステム連携させることで、国内での適応性を高める。ビュートゾルフ・ウェブはアセスメント、ケアプランから保険請求までの機能を有し、またチーム内でサービス提供情報を共有するコミュニケーションツールも備える。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール