ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスウェルファン 「バリアフリー・リフォームガイド」発売2017年4月20日07時05分

0416welfan.jpg 高齢者の住まいの支援ガイド「バリアフリー・リフォームガイド」(A4判、46ページ)が、福祉用具卸のウェルファン(大阪府寝屋川市、清水義生社長)から介護事業所向けに販売される。制作はケアビジネスサポートシステム(大阪府堺市、藤原秀規社長)で、高齢者の住まいの配慮点と改善方法を、居室・寝室、廊下・階段、トイレなど9つのゾーンに分けて、福祉用具などの生活支援機器を利用しやすい改修のしかたなど、イラストを多用してわかりやすく説明している。ケアマネジャーや介護職員、福祉用具専門相談員、理学療法士、建設業者など介護現場からの情報が集約された。

 「居室・寝室」では、空調管理(熱中症予防、ニオイ対策)、床材の変更(フローリング、洗える畳)、福祉用具等の配置(ベッドやポータブルトイレの位置)、プライバシーの確保(衝立やカーテンの活用)、呼出し装置の活用、コンセントの増設、トイレ・浴室との位置についてイラスト主体の説明を行う。「生活の中心だから、居心地と機能性に気づかい」を行い、閉じこもり防止や見守りの視点が要ると、コメントする。

 9つの生活ゾーンは、ほかに縁側・ベランダ、居間・台所、洗面・脱衣室、浴室、玄関まわり、アプローチがある。手すり、コミュニケーション、認知症予防、防災・防犯は、別にポイントを記載。

 「認知症予防と環境整備」では、事故防止・自立支援・介護軽減の3つの視点から、バランスのよい食事、五感の刺激、適度な運動や体操、趣味や勉強、笑い、コミュニケーション、野外活動によって認知症予防に努めること。認知症の進行に合わせて、徘徊、火災、排泄での対策法を説明する。
 18年改正では住宅改修の質の向上がテーマになっており、本ガイドブックはケアマネジャーやヘルパーなど在宅介護従事者にとって手元に置きたい1冊。福祉用具事業者として商品カタログと併せた提案ツールとしても活かせる。

 価格は1冊300円(税抜)、別にイラストを省略した「チェックガイド」(A4判、18ページ、150円(税抜)がある。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール