ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネススマイルケア食「青」マーク 登録8社・25商品に2017年3月23日07時05分

 農林水産省が介護食品をやわらかさや栄養量で分類した「スマイルケア食」のうち、「健康維持上栄養補給が必要な人向け」の区分を示す「青マーク」の登録数が25商品(8社)となった。

 スマイルケア食は介護食の普及、適切な利用を目的に、エンドユーザーや店舗販売員にも分かりやすく分類したもの。分類を示すマークは①飲み込みに問題がある「赤」②噛むことに問題がある「黄」③健康維持上栄養補給が必要な「青」――に色分けし、さらに赤は「ペースト」「ムース」「ゼリー状」、黄は「弱い力でかめる」「歯ぐきでつぶせる」「舌でつぶせる」「噛まなくてよい」に細分化、全8分類としている。

 メーカーは商品パッケージ等へ該当する分類のマークを使用できる。赤・黄マークは申請が必要で、青マークは「自己適合宣言」の届出のみ。基準は①100g(100ml)あたりエネルギー100kcal以上②100g(100ml)あたりたんぱく質8.1g(4.1g)以上――としている。

0314smile.jpg

スイーツでは初の取得

 2月に青マークを取得したのは、洋菓子メーカー・サンラヴィアン(岡山県里庄町、占部守弘社長)の「たんぱく補給テリーヌ ショコラ」、同「テリーヌ ほうじ茶ラテ」、同「スイートポテト」の3商品。1個あたり80kcal、たんぱく質2.5gを含む。

 「テリーヌ」2商品は高齢者でも食べやすいようしっとりやわらかく、口溶けやのど越しにも配慮。一口サイズなので、食欲が落ち気味の人でも少量で無理なくたんぱく質を摂ることができる。

 いずれも3月1日発売の新商品で、同社新ブランド「ココリン」のラインナップの一つ。病気等や健康状態によって食事・栄養管理が必要な人でも安心して食べられるスイーツとして、川崎医科大学病院(岡山県倉敷市)との産学連携で開発した商品だ。

 同ブランドでは他にも、糖尿病等でカロリー制限が必要な人向けの「エネルギー調整大麦ドーナツ」や、腎臓病等でたんぱく制限が必要な人向け「たんぱく調整アップルマフィン」など全13商品が揃う。「ココリン」サイト(http://cocoring.jp/)で紹介している。

 商品の問合せは同社(☎0865・64・4771)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール