ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス立命大 「尿発電式」排尿センサー開発2017年1月30日07時00分

0111ritsu.jpg 排尿で発電しおむつ交換時間を知らせる「尿失禁センサシステム」を立命館大学の研究チームが開発し、12月13日に同大学東京キャンパスで発表した。

 紙おむつにセンサーの電極を組込み、排尿により発電した電力でパソコンへ無線通知するしくみ。尿量も検出でき、おむつ交換が必要なタイミングを把握しやすくなる。尿漏れ確認の手間を省くなど、本人・介助者双方の負担軽減につながる。

 発電量は微量で感電の恐れはない。電極部分のみ使い捨てで、センサー部分は繰り返し使用できる。研究チームの同大学理工学部道関隆国教授は「介護施設や子育てをしている人の負担を、技術によって少しでも減らしたい。おむつメーカーなどと連携し実用化を目指す」とコメント。価格は市販の紙おむつの1割増程度を想定している。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール