ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスハッピーリス 音で嚥下評価を行う「ごっくんチェッカー」2016年10月 3日07時00分

0911happy.jpg 2015年介護報酬改定では中重度対応の一つとして、介護施設の「経口維持加算」の対象者が拡大され、造影撮影や内視鏡検査で誤嚥が認められた人だけでなく、水飲みテストや頚部聴診法等で誤嚥リスクが見られる人も算定可能となった。15年10月時点で同加算(Ⅰ)は、老健が48.2%と半数近く、特養23.0%、療養施設は21.0%が算定している。

 嚥下評価を行うツールとして注目が高まっているのが、音響製品の開発等を手がけるハッピーリス(東京都大田区、吉田理恵社長)の「ごっくんチェッカー」だ。センサーマイクを頚部に当てて飲み込む音を拾い、食事観察だけでは見えづらい誤嚥リスクの早期発見と予防に寄与する。

 特殊なマイク構造により嚥下の通過音、呼吸音、残留音をクリアに把握。フィルタリング機能が周囲の雑音をカットし、施設などの賑やかな食事の場でも不便なく使用できる。また、スマートフォンに接続すれば音の波形を見ることも可能。

 医療機器ではないため介護スタッフでも取扱いができる。初回のアセスメントや定期的な嚥下チェックなど、在宅・施設を問わず活用の幅が大きい。

 10月12日~14日の国際福祉機器展へ出展予定(ブース6-19-06)。

 価格は要問合せ。問合せは同社(☎03・5879・4260)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール