ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス吉澤企画 施設・病院から自宅へ 全国対応の遺体搬送2016年6月28日07時05分

 吉澤企画(川崎市、吉澤隆社長)は2012年12月より施設・病院から自宅や安置場所まで遺体を搬送するサービス「ご遺体搬送どっとこむ」を提供している。

0611yoshizawa.jpg 同サービスは遺体の搬送のみを専門として行い、葬儀会社とは異なる。通常、病院等の施設で亡くなった場合、すみやかな遺体の移動が求められるため、家族は葬儀会社選びや搬送先を早急に決める必要がある。また、治療や施設入所の関係で故郷と離れたところで亡くなった場合、長距離の遺体搬送は行わない会社が多いという。

 そこで同社は、遺族の「故郷で葬儀をしてあげたい」「亡くなってから葬儀会社選びまでの時間がほしい」などの要望を実現するため、遺体搬送サービスを開始した。現在、毎月約5件の依頼がある。

 搬送は葬儀経験が豊富な専門スタッフが行う。搬送作業のほか、葬儀の手続きや希望に合った会社選びについて、相談や紹介のサポートをしている。

 利用方法は電話で▽亡くなった人の名前▽現在遺体を安置している住所▽依頼者の名前と連絡先――の3点を伝える。その後スタッフからおおよその到着時間が伝えられ、到着後は依頼者指定の安置場所へ搬送する。

 24時間年中無休で受け付け、近距離から長距離まで予約がなくても対応する。搬送料金の内訳は「搬送距離料金+オプション料金+深夜料金」とわかりやすい。長距離定額プランもあるため、遠方からの依頼でも安心だ。

 最近は、施設職員やケアマネジャーからの問合せが増加しているという。

 問合せは同社(☎0120・77・9860)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール