ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスピップ&ウィズ 「いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん」 発売2016年6月21日07時00分

00003.jpg ピップ&ウィズ(大阪市、横井昭裕社長)はこのほど、コミュニケーションロボット「うなずきかぼちゃん」の後継モデル「いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん」を発売した。

 同品は、音声や光、動きなどを感知するセンサーとスイッチが内蔵され、触ったり話しかけたりすることで、コミュニケーションをとることができる。

 話しかけると、言葉が途切れたことを認識してから、うなずきながらしゃべり出すのが特長。コミュニケーションを深めるほど、発する言葉も増えていく。

 「朝ごはんもう食べた?」など時間帯の概念を持たせた発話や、会話やふれ合いを促すフレーズ、また季節に応じた歌も歌う。

 季節や時間帯に応じた会話ができることで、高齢者の生活リズムの支援も期待できる。

 新型モデルでは、発する言葉を約400から約450に増加、時間や曜日、季節に合わせた発話を増やしたほか、会話がスムーズに進められるよう「つながり語」も採用した。歌える曲も5曲から13曲に増やした。音質を向上させ、さらに高齢者が聞き取りやすいように改善した。

 日付・時刻などの初期設定は、従来の5工程から2工程にし、すぐに使い始められるよう配慮。バックアップ用のコイン型電池を採用し、本体駆動用の電池を交換しても再設定が不要。

 同品はこのほど、日本医療研究開発機構による「ロボット介護機器開発に関する調査」に使用する、コミュニケーションロボットの候補にも選定された。

 価格は2万5,000円(税抜)。問合せは同社(☎06・7663・7853)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール