ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネススマイルケア食 「青マーク」3社取得2016年5月24日07時00分

 農林水産省が介護食を食機能・栄養ごとに分類した「スマイルケア食」のうち、「健康維持上栄養補給が必要な人向け」の食品に表示する青マークを、このほど▽日清オイリオグループ(東京都中央区、今村隆郎社長)「プロキュアZ」▽大塚食品(大阪市、戸部貞信社長)「マイサイズ いいね!プラス たんぱく質を摂りたい方のキーマカレー」▽フジッコ(兵庫県神戸市、福井正一社長)「煮豆」――の3社が取得した。

00013.jpg スマイルケア食は介護食の普及、適切な利用を目的に、エンドユーザーや店舗販売員にも分かりやすく分類したもの。①飲み込みに問題がある「赤マーク」②噛むことに問題がある「黄マーク」③健康維持上栄養補給が必要な「青マーク」――に大分類され、赤マークはさらにペースト、ムース、ゼリー状の3区分、黄マークは▽弱い力でかめる▽歯ぐきでつぶせる▽舌でつぶせる――の3区分で、全7区分となっている。

 このうち青マークについては今年2月、同省が「利用許諾要領」を策定。要領に沿った商品をメーカーが「自己適合宣言」すれば、審査等の必要なくマークを商品パッケージ等に使用できる。

 同要領によると、青マークの対象となるのは、市販されている加工品のうち、経口タイプのもので、おやつやデザート等の食事の補助や主食・主菜・副菜等の食品を想定。特別用途食品や機能性表示食品、形状がカプセルや錠剤のものは対象外とする。

 また、栄養素等の基準は▽100gまたは100mlあたりのエネルギーが100kcal以上▽100gあたりのたんぱく質が8・1g以上――としている。

 赤・黄マークについては、日本農林規格(JAS規格)等の関係規格・基準を現在整備で、今夏以降の運用開始を目指している。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール