ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス日進医療器「ウルトラシリーズ」 シート幅調整式など3機種発売2016年2月22日07時00分

00002.jpg 日進医療器(愛知県北名古屋市、松永圭司社長)は1月、車いす「ウルトラシリーズ」にシート幅調整が可能な2機種( 自走・介助用)、および屋内移動6輪タイプを新たに加えた。

 自走用(NA ― U 7)、介助用(NAH―U7)ともにシート幅は40.42.44㎝の3段階。冬場の着込みへの対応や、不特定多数が利用する施設・病院での有効活用が期待される。

 調整方法は折りたたみフレームを手でスライドさせ、シートの面ファスナーを張りなおすだけの簡単作業。2~3分ほどで完了し工具も必要としない。

 また、6輪タイプ(NA―U6)は屋内自走移動での小回り性能にこだわった設計。最少回転半径は53㎝と同社従来品よりさらにコンパクト化をはかり、重量は13.7㎏と一般的な6輪モデルより2㎏以上軽量化を実現した。

 シート幅調整タイプ、6輪タイプともに座面高は3段階調整が可能。

 同社「ウルトラシリーズ」は、座った状態で理想の快適姿勢を実現するサポート機能が特長。バックサポートは骨盤を包み込むように支え腹部の圧迫を回避し、レッグサポートフレームは膝がしっかりと屈曲し骨盤を安定させる。


 価格はシート幅調整タイプが自走用、介助用ともに19万8,000円、6輪タイプ17万2,400円。いずれも非課税。

 問合せは同社(☎0568・21・0635)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール