ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス学研 訪看参入「学研ココファン・ナーシング」設立2015年11月12日08時00分

1110gakken.jpg 学研ココファングループは、医療法人社団悠翔会と資本提携し、学研ココファン・ナーシングを10月1日設立した。訪問看護事業を開始することで、グループが運営するサ高住などの、医療ニーズ対応強化を図る。資本金は3,000万円で、うち34%を悠翔会が、66%を学研ココファングループが出資する。

 同グループは、首都圏を中心に全国95拠点の高齢者住宅・事業所を持つ。今後は海外展開も予定しており、介護事業の拡大を図っている。

 学研ココファン・ナーシングによる訪問看護ステーションは、来年2月に拠点型サ高住「ココファン横浜鶴見」内に「ココファンナーシング横浜」を第一拠点としてオープン予定。グループ関連事業所に限らず、近隣の在宅ニーズに対してもサービス提供を行っていく。

 五郎丸徹社長は悠翔会との合弁理由について、在宅重視などの理念が近かった点を挙げ、「住まいのノウハウを持つ我々と、医療のノウハウを持つ悠翔会、両者の強みを新会社に生かしていきたい」と話した。今後の訪問看護事業展開については、2018年までに30拠点、10億円の売上を目指す方向性を示した。

 五郎丸社長は「医療法人と上場企業の合弁会社はあまり例がない。モデル事業になれれば良い」と強調した。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール