ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスパナソニック「リショーネPlus」 安全認証のISO取得2017年2月16日07時00分

0202pana.jpg パナソニックエイジフリー(大阪府門真市、和久定信社長)は1月16日、離床アシストロボット「リショーネPlus」で、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)に関する安全性などに関する国際規格「ISO13482」認証を取得した。1月20日より販売開始。

 国の進める介護ロボットの開発・普及に向けた「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の「移乗介助機器(非装着型)」としても採択されており、介護ロボットとしても注目の高い製品。今回の認証により、介護保険レンタル製品として本格的に普及する体制が整った。

 特長は、普段は電動介護ベッドとして使用し、必要に応じてベッドを分離させ、車いすとしても使用できること。移乗動作の必要がないのが最大の特長で、本人の離床意欲向上による自立支援と、介護職の腰痛予防・負担軽減の効果も期待できる。

 車いす使用時の電動リクライニング機能についても、新たに背中と足の上がるタイミングを最適化し、使用者のズレや圧迫を軽減するなど快適性も向上させた。

 先行発売されていた施設向けの「リショーネ」(2014年2月にISO13482取得済)も同機構を搭載するが、右側だけの分離・着脱機能だったのに対し、「同Plus」では在宅での設置状況にも柔軟に対応できるように、組立時に設定することで左右どちらでも分離・着脱できるようにした。2月時点でのレンタル対応は、パナソニックエイジフリーショップのみ。

【商品概要】サイズ:全長2075㎜×全幅1009㎜×全高799~1079㎜

 希望小売価格:90万円(税抜、配送・組立費別)

 問合せは同社(☎0120・874・872)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール