ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス介護リフト「つるべ」シリーズ モリトー2012年5月22日05時32分

mo_1205[1].jpg モリトー(愛知県一宮市、森島勝美社長)は4月に大阪で開催されたバリアフリー展に新開発の車両用リフトを参考出品した。展示会では軽4輪車のホンダNボックスに搭載されて、取り外しができる支柱を運転席と助手席の後方の間に設置して、車いすから助手席へ、車いすから後部座席(2人)へ、計3人を移乗させることができる。移乗はスムーズで無理な姿勢もなく簡単。アームは2関節タイプのため後部座席への乗り込みは左右のドアからOK。支柱は取り外して、荷物スペースに載せることができる。今夏発売を見込む。

 車いすごと乗り込むタイプは、ヘッドレストもなく、急ブレーキや事故時の強度が保てないとして安全性や乗り心地に課題があるだけに、同機はリフトで移乗して、自動車のシートに着座しシートベルトをかける方が安全性などが優れている。

 モリトー「つるべー」シリーズにはベッド用(Bシリーズ)、浴槽用(Fシリーズ)、玄関・壁面取り付け用(Gシリーズ)、床走行式リフト(Yシリーズ)、壁や柱のない場所用(Uシリーズ)がある。B・F・G・Uシリーズ間は、利用する箇所に支柱を設置しておくと、簡単に本体部(アーム・モーター・コントロール部)を取り外して、使い回すことができる構造になっている。

 デジタル体重計(MNS2600、耐荷重150kg)は、つるべーシリーズに乗ったまま体重測定ができるもの。また安楽キャリーBタイプを使うと、リフトに乗ったまま入浴が可能になる。

〇問い合わせ TEL 0586-71-6151 同社

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール