ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスワタミの介護 介護記録のIT化で介護事業の産業化(2)2011年6月16日12時10分

徹底したデータ分析で介護業界の産業化を図る

 外食事業出身の同社。システム化に転換する発想の原点はレストランで使用するハンディターミナル。注文を迅速かつ正確に厨房に伝達し、蓄積された情報は本部のマーケティングに活用される。データに基づいた販売予測や発注管理が外食事業の産業化を進めてきた。

 「現在のご入居者様は4000人以上。それぞれにあった個別ケアは前提としてあるが、蓄積されたデータを網羅すれば、より良いケアの傾向が見えてくるかもしれない。そうした分析と実践を繰り返すことで、ご入居者様により幸せな生活を送って頂きたい。今後はスケールメリットを活かして、良質なサービスをより安く提供できるようにしていきたい。結果、それが介護分野の産業化を促進し、働く職員の待遇改善につながる。そのために正確な情報管理や分析は必須」と浅井部長。

さらなるシステムの可能性に期待

 これまで同社では、より現場で使いやすいシステムを目指して、帳票のアウトプットやキーボードが苦手な職員のためにタッチペンでの手書き入力など「コメットケア」の担当者と打ち合わせを重ねて改良し、機能を充実させてきた。

 一方で、「将来的には、ご家族様や主治医、薬局など外部の提携機関ともリアルタイムで情報連携をとりたい」と浅井部長はまだまだシステムの可能性を追求し、期待を寄せる。

 ワタミの介護では今年度、来年度ともに20棟の介護付有料老人ホームを新設予定。従来のホームより低料金に設定した新しいホームも展開していくという。今後も全ての施設で「コメットケア」のシステム導入を予定している。
                              (2011年6月10日号)

                  (1)にもどる

watami02.jpg
  • PDA端末のほか、タッチパネル、パソコンから記録入力、
    閲覧ができる(画面はイメージ)

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール