ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスレイトロン 対話型コミュニケーションロボ「Chapit」発売2016年5月20日07時05分

00012.jpg

 レイトロン(大阪市、吉田満次社長)はこのほど、会話やスケジュール管理などで元気高齢者や要介護高齢者などの自立した生活をサポートする対話型コミュニケーションロボット「Chapit」(チャピット)を開発、6月1日から予約販売の受付を開始する。

 チャピットは、同社独自の音声認識エンジン「Voice Magic」(ボイス・マジック)を搭載し、テレビの音や家族の話し声、自動車の走行音など様々な生活雑音のもとも、人間の声を高い精度で認識でき、約3m離れたところから話しかけても、しっかりと言葉を聞き取ることができる。スイッチなどを押さなくても自動で音声を認識し、話しかけてからわずか0.2秒で答えを返すことで、違和感なく自然な会話を実現した。

 日常会話の受け答えのほか、レクリエーション機能も搭載。「都道府県クイズ」「計算ゲーム」「暗記ゲーム」から好きな機能を選べる。都道府県クイズでは、「伊達政宗が生まれた都道府県はどこ?」など、都道府県を訪ねるクイズを出題。一度で正解できなければ追加ヒントも出してくれる。チャピットが発した単語を憶える暗記ゲームは、認知機能の維持・活性化にも活用できる。最初に2つのフレーズを順番通り答えられれば、3つ、4つと出題が増えていく。

 起床や就寝のほか、食事や入浴、服薬などの時間を設定しておくと、「薬を飲む時間だよ」などと、その時間になると教えてくれる。就寝前には戸締りを確認する呼びかけなども行う。曜日の管理もできるので、ゴミ出しや病院の診察、デイサービスの日などの予定もあらかじめ知らせてくれる。これにより、日々の生活リズムを整え規則正しい生活をサポートする。

 赤外線を使用する家電製品のリモコンをあらかじめ登録しておけば、「明るくして」「テレビ見ようか」などと話しかければ、チャピットが「音声リモコン」となって照明やテレビ、エアコンなどの電源操作や調節を行うことができる。これにより、リモコンを探したり複雑なボタン操作をする必要がなく、簡単に家電製品をコントロールできる。

 このほか、今日の運勢やラッキーカラーを教えてくれるほか、童謡を歌ったり、英語や中国語の会話もできる。チャピットに挿入されているメモリーカードを用いてソフトウェアのバージョンアップが可能。またオプション機能のWi―Fiを搭載すれば、緊急通報などが行える外部通信機能も付加できる。

 カラーはベージュ、ホワイト、ブラウン、グレー、ブラックの5色。価格は13万5,000円(税抜)。

 問合せは同社(☎06・6125・0500)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール