ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスタイカ 床ずれ防止マットレス2種類発売予定2016年4月19日07時05分

  タイカ(東京都港区、鈴木大登社長)は、6月から7月にかけて2種類の床ずれ防止マットレスを発売する。いずれの製品も4月21日~23日に大阪・南港で開催される「バリアフリー2016」の会場で展示を予定している。

 6月に発売を予定しているのは、静止型のハイブリッドマットレス「アルファプラビオ」。

0413taica.jpg エアセルとウレタンフォームの2層構造で、上層のエアセルは、ウレタンフォームに底付きしない限度までエア量を減らし、常に超低圧を維持。皮膚に外力の影響を受けやすいという日本人高齢者の特徴に着目し、あえて切り替え型ではない静止型にすることで、安静で快適な療養環境を提供する。

 療養者が上に寝るだけで、体重を自動で計測し、適した体圧分散を行う。エアセルは頭部・腰部・足部3つのブロックに分かれていて、個別に圧力を調整。センサーが圧力の変化を見守っているので、療養者の身体をいつでも最適な状態に保てる。

 通常タイプと背上げセンサー付きタイプの2種類があり、価格は通常タイプが19万8,000円、背上げセンサー付きが20万3,000円。いずれも税抜。

0413taica2.jpg また、7月には軽度リスク向けのマットレス「アルファプラL」も発売予定。同製品は、上層と中層に柔らかめの高弾性無膜ウレタンフォームを使用し、さらにアルファゲルを組み合わせることで、床ずれが心配になり始めた人に適した体圧分散を行う。新開発のウレタンフォームは、熱をすばやく放散し、暑さを軽減するほか、丸洗いできて衛生的。

 カバーは、撥水・防水カバータイプ、通気カバータイプ、防水フィルムカバータイプの3種類があり、価格はいずれも税抜8万8,000円。

 問合せは同社(☎03・5648・6630)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール