ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス福祉用具プランナー研修受講者募集 5月25日まで2015年5月14日08時00分

 テクノエイド協会(大橋謙策理事長)は4月17日より、今年度第1回目の福祉用具プランナー研修の募集を開始した。受講定員は45人、申込締切5月25日。

 福祉用具プランナーは、介護現場での適切な福祉用具の利用促進を目的とし、1997年に同協会が創設したもの。個々の福祉用具の専門知識を有し、かつ福祉用具供給に携わる多職種への指導・連携など社会的役割も担う。これまで1万2,000人以上が修了している。

 受講対象者は①福祉用具貸与又は販売事業所の福祉用具専門相談員②保健師、(准)看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、義肢装具士、ケアマネジャー、建築士③その他、特に研修受講の有効性があり同協会が認める者――のいずれか。福祉用具関連業務に2年以上従事し、かつ現在も従事している者に限る。

 また、eラーニングの受講要件として、自宅又は職場でインターネット接続可能なパソコン環境が必要。
 研修内容は同協会が定める100.5時間のカリキュラムで、福祉用具概論から用具ごとの知識等を学ぶeラーニング48時間、演習・実技を行う集合研修52.5時間で構成される。

 今年度の第1回研修は、eラーニング履修期間が7月2日~8月31日、集合研修が8月27日~29日と9月17日~19日の計6日間で行われる。研修会場は山形テルサ(山形市双葉町1―2―3)。

 申込方法は①受講申込書②実務経歴証明書③資格取得証明書の写し――を同協会(〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1―1セントラルプラザ4階)へ郵送または持参。5月25日(月)必着。

 受講料は税込5万円。同研修は全国福祉用具専門相談員協会の研修ポイント制度の対象となる。

 問合せは同協会(☎03・3266・6884)まで。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール