ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス介護食品 生産金額は24%増の134億円に2014年7月30日08時00分

介護食品の認知率が43%に向上

 日本介護食品協議会は6月2日、ユニバーサルデザインフード(UDF)の生産金額や認知率等を公表した。2013年の生産金額は前年比24.5%増の134億8,100万円と大幅に増加した。区分別では、常食に近い区分1が66.9%増の18億5,400万円で著しい伸びを見せている。タイプ別ではレトルトパウチ製品やカップゼリー製品等の常温タイプが49億300万円で最大のシェアを保有、次いで冷凍タイプが46億5,400万円、乾燥タイプ39億2,400万円と続いた。製品数も前年に比べ171品目増加し1,200アイテムに達した。

 また、今年5月に行った認知度調査の結果も報告。1,000人を対象にしたインターネットアンケートで、介護食品が市販されていることを知っているのは、43.0%に達した。12年5月の前回調査より8.8ポイント増加した。

 一方、UDFを知っている回答者は前回比約3ポイント増の9.7%となった。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール