ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス損保ジャパン メッセージ買収で業界2位へ2016年1月14日08時10分

 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(東京都新宿区、櫻田謙悟社長)は12月18日、有料老人ホームやサ高住などを運営する介護事業大手メッセージ(岡山市、佐藤俊雄社長)に対し、株式公開買付けを実施すると発表した。買収額は少なくとも、230億円以上とみられる。同社は12月1日付けでワタミの介護も買収している。メッセージの買収が成立すれば、同社の介護事業の売上規模は1,143億円と、ベネッセホールディングスを抜きニチイ学館に次ぐ業界2位になる見込みだ。

 同社はメッセージと昨年3月に資本・業務提携を結んだ。出資率は3.5%だったが、これを51%以上に引き上げ、連結子会社化する。16年6月の株主総会で決議されれば、新社名は「SOMPOケアメッセージ」となる予定。

 公開買付けは二段階にわけて行われる。12月21日から実施される第1回公開買付けは、メッセージの橋本俊明会長と妻の橋本敬江氏、橋本会長の資産管理会社が対象で、買付け価格は12月17日の終値に6.2%上乗せされた2,500円。それに対し16年1月29日から実施される一般向けの第2回公開買付けは、3,500円(48.7%増)で取引される。両公開買付け後も、メッセージのJASDAQ市場上場は維持する方針を示している。

 メッセージは昨年9月から転落死や虐待など不祥事の発覚が相次ぎ、各自治体や厚労省から行政処分・指導を受けた。同社はリスク管理などのノウハウを移植し、内部管理体制強化を中期戦略に位置付けている。

 同社は、今後介護事業を損害保険事業や生命保険事業に並ぶコア事業と位置付け、取組みを強化するとしている。

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール