ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネスニチイ学館 ヘルスケア部門営業益111億円超で過去最高2013年6月21日08時00分

 ニチイ学館(東京都千代田区、齊藤正俊社長)は5月16日、都内で2013年3月期通期決算説明会を開催、ヘルスケア部門は過去最高益を更新した。

 同部門の売上高は前年同期比2.0%増の1412億8900万円、営業利益は同10.3%増の111億8300万円で、6期連続の増収。

 新規事業所の開設を進めたことで、サービス利用者数が堅調に推移した。特にグループホームや介護付有料老人ホームなどの居住系サービスの利用者数は昨年1万人を突破した。

 齊藤社長はヘルスケア事業について「今後、十数年は積極的に展開していく」と述べ、サービス拠点の増設や制度外サービスの充実など、同事業の拡大を継続する意欲を見せた。

 介護サービス拠点は今年度185カ所を新設する。特に今年3月末時点で59事業所の訪問看護は、新たに41拠点を設置、年度中に100拠点まで増設する。

 また制度外サービスを充実させるため14年3月期から、ヘルスケア事業を介護保険内で展開する「介護事業」と、介護保険外で展開する「ヘルスケア事業」へと分離改組する。制度改正にともなうリスクへの対応を念頭に、特に家事代行や配食、おむつなどのヘルスケア商品の販売を中心とする制度外サービスの開発・強化を目指す。

 保険外サービスは13年度の売上高が同11.8%増の124億6500万円。4年後までに「ヘルスケア事業」は介護事業売上比20%の確保を目標としている。

 なお改組にともない、保険外事業とされてきた障がい福祉サービスと事業所内保育は、保険内事業に組み入れられた。

  • ニチイ.jpg
  • 決算を説明する齊藤正俊社長

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール