ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス全国福祉用具相談・研修機関協議会 10/29・30大阪2015年10月19日08時05分

 10月29日(木)・30日(金)の両日、昨年発足した全国福祉用具相談・研修機関協議会全国会議が大阪のATCエイジレスセンターで開催される。同協議会では病院・施設における福祉用具の利用促進、福祉用具レンタル事業者のめざすこと、福祉用具相談・研修機関の広域拠点としての役割の3テーマを中心に研修や情報発信を行っていく。

 今プログラムは29日に、日本生活支援工学会諏訪基氏の基調講演、厚労省老健局の行政説明、同振興課福祉用具・住宅改修指導官東祐二氏による福祉用具行政解説、シンポジウム「病院・施設の福祉用具利用」(進行:関西シルバーサービス協会理事長記虎孝年氏・同理事高木克彦氏)。

1005with.jpg 30日はシンポジウム「福祉用具を提供・相談できる人材」(テクノエイド協会普及部長寺光鉄雄氏)、「困難・重度事例を解決する広域センター機能の構築」(千葉リハビリテーション地域支援室長田中康之氏)など。総括はテクノエイド協会理事長大橋謙策氏の予定。

 「第2回全国会議を大阪で開く。一人ひとりに合った福祉用具の活用のために、福祉用具の選定や相談支援が重要になっている。福祉用具専門相談員やセラピスト、福祉用具メーカー、研究者などが集い、住み慣れた在宅や地域でできるだけ長く住み続けることができるよう、福祉用具の活用とその支援をどのように行っていくのか議論を深めたい」(同協議会副会長を務める記虎孝年氏)

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール