ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ビジネス第14回西日本国際福祉機器展 11月開催2012年9月19日20時42分

 九州地区最大規模の福祉機器展示会「第14回西日本国際福祉機器展(PPC2012)」(主催=同展実行委員会、西日本産業貿易コンベンション協会)が11月9日から11日まで、北九州市の西日本総合展示場新館で開催される。

 今回も「第32回西日本トータルリビングショー」との合同開催。会場では福祉機器の展示に加え、ケアマネジメントやリハビリ、福祉用具活用などのセミナーやイベントを実施、多くの介護・福祉関係者や一般来場者の参加を募る。

 セミナーでは、歴代の厚生労働省福祉用具・住宅改修指導官が顔を揃える。11月9日の11時からは長崎大学医学部保健学科准教授の北島栄二氏が「階段昇降機について(仮題)」を講演。10日は11時から福岡医健専門学校作業療法科学科長の河口青児氏による「高齢者の特性と最近の福祉用具事情について」、また14時からは厚労省老健局振興課福祉用具・住宅改修指導官、介護支援専門官の宮永敬市氏が、「今年度の制度改正の目指す方向性と福祉用具サービス」について講演を行う。

 11日13時からは横浜市総合リハビリテーションセンター医療部理学・作業療法課課長の渡邊愼一氏が「在宅復帰に向けての住環境整備と福祉用具の選び方」について話す。

 このほか、9日13時からは日本介護支援専門員協会副会長の助川未枝保氏が「介護保険制度改正から半年が経過して~介護サービスの現状と課題、今後のケアマネジメントに求められること~」をテーマに講演する。

 同展の出展料金は、背面・側面パネルと社名板を備える標準小間で、1小間(間口・奥行きともに3m)あたり21万円。カーペット付きの標準小間は23万円。54㎡(6小間)以上の場合は、1㎡あたり2万1000円。昨年は181社・団体が出展、3日間で2万5055人の医療・介護関係者、一般参加者が来場した。

 問合せ=同展事務局(093・511・6800、FAX093・521・8845)。
 

「ビジネス」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • SSL グローバルサインのサイトシール